一戸建ての宿命

マイホームって、サラリーマンにとっての夢ですよね。 私の場合は、親の持ち家を土地ごと譲り受けたので偉そうなことは言えませんが、やはり自分だけの城というのは良いものです。 所帯を持つと、マイホームへのあこがれは強くなりますよね。 というか、家族全員から、そういうプレッシャーが与えられます。 なので、親が他界した際に遺産として譲り受けた土地と家屋を利用しようという話になったのです。 もともと私たち家族が住んでいたところから、そう離れてもいなかったですしね。 家族たちは、大いに喜びました。 家そのものも比較的近代的でしたし、中も綺麗でしたしね。 両親に感謝しましたよ、そのときは。 しかし、ひとつだけ問題点があったのです。 それが、庭です。 手入れがほとんどなされていなかったのです。 まあ、住む分には問題無いのですが、やはり見栄えが悪いですからね。 家族からは、どうにかして欲しいという要望が毎日のようにきましたし。 しかし、いかんせんおい金がない。 そこで私は、以前に契約したモビットを利用することにしました。


 

綺麗さっぱり

元々は、盗難時に電話一本で再発行してくれるという話だったので、銀行のカード再発行なんかにも役に立つだろうと思い契約したものでした。 なので、まさか実際にキャッシングを利用するとは思いもよりませんでした。 しかし、実際にキャッシングしてみましたら、月々の返済も少額ですし、そんなに苦労はしなかったですね。 まあ、モビットからキャッシングした金額はあくまでも足りない分を補う程度の金額でしたし。 でも、ネットで見たところモビットはキャッシング専用さながら月々の返済金額はダントツで少額なのです。 正直、我が家はお小遣い制度なので、困ったときはたまに利用しています。 さて、庭に関しては、無事綺麗に整いました。 もしモビットがなければ、未だに草木がぼうぼう生え茂ったジャングル状態で、夏にはヤブ蚊も飛び回っていたでしょう。 キャッシングしたお金も無事完済しましたし、いろんな意味で綺麗さっぱりです。