良いけど高い、オーダーシューズ

ビジネスマンにとって、靴というものは命といっても過言ではありません。
例えば、あの小説「海賊と呼ばれた男」のモデルになった出光佐三が、戦後何もない時代に、元海軍将校がラジオ修理の仕事を持ちかけた際に「その履きつぶした靴を見れば、君が信頼に足る人物であることがわかる」といって、その元海軍将校をラジオ修理部の責任者としたことは有名な話です。

履けば履くほど味は出ますが、本当に破損してしまっては元も子もありません。
いい味を出しつつ、なかなか潰れない靴、これが理想なのです。

そんな理想を叶えるのが、いわゆるオーダーシューズです。
これ、ものすごく高いです。
平均で十万円前後ですし、素材によっては二十万〜三十万円します。

そんな高級なもの、なかなか手が出せませんよね?
しかし、私はモビットのキャッシングに契約していたので試しに作ってみることにしました。

素材選びから靴の形状、また部分部分の素材も指定できるのが面白いところです。
しかし、そんなに凝ってしまうとキャッシングした金額十万円を超えてしまいます。



 

歩きやすいし履きやすい

それから大体二ヶ月ほどで、靴が届きました。
足にもなじみますし、靴ズレもなく歩きやすいです。

今回はモビットのキャッシングサービスを利用しての購入でしたので、懐にも優しかったですしね。
モビットの返済はリボ払いなので、ご自身で設定をしない限りは十万円のキャッシングで月々三千円の返済です。

これが本当にありがたいです。
仕事先でも靴に関してよく褒められますし、いいことだらけですね。

ほしいものを、わざわざキャッシングを利用してまで買うというのは抵抗がある方がほとんどだと思います。

しかし、月々少しずつ支払うだけで欲しいものが手に入るのですから、私から見れば利用しないのは本当に損だと思います。
例えば、何か特別な時だけ利用するというルールを作って、キャッシングを利用するのもいいかと思います。

欲しいものをストレスなく購入できて、モビットには本当に感謝ですよ。