元気すぎる子供

家族というものは、大切ですよね。
家族というものは、お互いがお互いを支え合いながらできているものだ、と誰かが言っていました。

この「支える」は一体何を指すのでしょう。
私は、責任ではないかと思います。
家族の誰かの行いを支えてあげる、つまり最後まで面倒を見るという責任のことではないかと思います。

そう考えると、子供の時分というのは支えてあげなければいけない事でいっぱいですよね。
赤ん坊の頃なんて、本当に何もできませんから、食べることから着替えから、何から何まで支えてやらねばなりません。
可愛いから、苦ではないですけどね。

これが幼稚園児くらいになると本当に大変なんですよ。
特に、うちの場合は男の子でやんちゃですから、もう目を離せば、壁は落書きまみれですよ。
ちゃんとしつけているつもりなんですが、難しいものです。

そんな我が家のやんちゃ坊主なんですが、とうとう人様に迷惑をかけてしまったんですよね。
なんと近所にある教会のステンドグラスを割ってしまったのです。

正直に神父さんに話したそうなので、げんこつで許しました。



 

なかなかの金額

当然、弁償させて欲しい旨を親父さんに話しましたが、別に良いとおっしゃるんですよ。
是非ともさせて欲しい事をつたえ、なんとか弁償にこぎつけたのですが、予想以上の金額に驚愕です。

流石に持ち金だけでは厳しいので、私はモビットのキャッシングに頼りました。
まさかこんな時に役に立つとは思いもよりませんでした。
なんとなく、なにかの時のためにでもと思い契約したものなんですが、いやあ、しておくものですね。

モビットは完全なキャッシングのみのカードで不便に感じるかもしれませんが、ほとんどのATMに対応していますから、利用できなくて困るということがまずありません。
キャッシングの返済もリボルビングですから安心して利用できます。

まあ、教会のステンドグラスを弁償するためにキャッシングするなんて罰当たりな気がしないでもないですが、しょうがないです。
無事弁償をして事なきを得ましたが、今後はこういったことがないように、もっと厳しくしていこうと思いました。